株式を発行する理由と市場

株式とは会社が発行する出資証券のことであり、株と呼ぶのが一般的です。企業が株を発行する最大の理由は、事業の為の資金調達です。

 
資金調達だけなら金融機関から借入をすることも可能ですが、金融機関からの借入は、当然期限が来たら返済しなければなりません。また、借入に対する利息の支払いも毎年必要となります。

 
一方、株主から集めた資金は、株主に返済する必要はありません。返済や利息の事を気にせずに会社運営が出来るということは、企業には都合の良いことになります。

 
株は企業が勝手に取り扱えるものではなく、証券会社が株の取り扱いをまとめて引きうけています。投資家が安全に株の売買を出来るよう、上場に対しては、その企業の健全性や規模などを証券取引所が審査します。そこで認められた企業が、市場に自社の株を流通させることが出来る訳です。

 
証券取引所には一部や二部など上場基準によって分類されていたり、ベンチャーや中小規模の企業を対象にした取引所もあります。

 
株を流通させている市場には二種類あり、証券会社が世間に株を流通させる準備段階としての市場と、新株や既に流通している株を、証券取引所を介して投資家が売買している市場があります。一般的に市場と呼んでいるのは後者の流通市場と呼ばれる方を指します。

コメントは受け付けていません。