銘柄の分散のメリット

株の購入にあたっては、一つの銘柄に集中投資するよりもある程度分散させつつ投資する方が良いと言われています。その理由は、投資した額に対するリスクの低減化にあります。

 
株価とは、長期スパンはもちろんですが短期スパンにおいても常に上下変動しています。その変動の際には高騰する事もあれば暴落する危険もつきまとっています。その為、一箇所に投資を集中させていると、万が一株価が暴落した場合、致命的な打撃を受けて回復不能となる危険もあるのです。

 
それに対し、購入対象を幾つかに分けておけば、例え一つが大きく値下がりしたとしてもその痛手は小さく済みます。更に他の株の値動き次第では、総額で黒字となる可能性も残ります。特に、今後の上昇が期待できるもののリスクが大きいという有望株の購入をする場合は、同時に変動の小さい、いわゆる安定株も同時に購入しておく事でリスクを最小限に抑える事が可能となります。

 
これらは、何も国内の株に限った事ではありません。海外の資本に投資をされている方にも同じ事が言えます。例えば、海外の企業に投資したいがリスクが大きいという場合に、情勢が把握しやすく比較的経済も安定している日本企業の株も購入する事で、リスク軽減を図るという方法です。

 
このような分散投資を行う事で、精神的安定も図る事ができます。

 

コメントは受け付けていません。