リスクって?

ピアノ01

 

株式投資を行う際には、安全な方法を選びたいものです。自己資金を全額失ってしまっては意味がありませんので、運営方法は慎重に選ぶべきです。
しかし、株式の動きは誰にも予測することができず、株価の値動きを当てることは難しいものです。利益を考えることも大切ですが、損をしないような運営方法を考えた方が無難です。
株式投資をする上で心得ておきたい危険回避の話をしていきます。リスクは投資に付きものと言われるものですが、そもそもどういうものが危険要素となるのかを述べます。
株価変動の危険性というものがあります。株券を売買する時に取引される株価は、常時変動するもので、一日だけで大幅に上下する場合もあります。
値上がりする分には利益になるので問題ありません。しかし、急激に下落した場合、大損をする危険があるのです。
流動性の危険性もあります。売買取引をしたいのに、取引できない状況になる場合があるのです。株の流通量が少ないと、売りたくても売れず、買いたくても買えないという事態に陥ることがあります。
株の取引きは、時間との勝負とも言えます。タイミング次第で得をすることもあれば、損をする場合もあるのです。仕事などで株価チェックの時間が割けないという人は、それもまた損をする可能性を秘めていることになります。

コメントは受け付けていません。