会社が倒産するとどうなる?

株式投資を行う上で把握しておきたいのは、投資におけるデメリットやリスクについてです。利益を出して資産を増やすことを目的に始めるものですが、マイナス面を知っておけばリスク回避することができます。始める前に、それを知っておくべきです。

 
株式投資におけるリスクは色々あります。購入した株の株価が下落すれば、損益を生み出してしまう可能性があります。また、投資先の企業が事業を失敗した場合にも下降する可能性があります。経済状況や国際情勢などが影響して株価が探す場合もあり、いつ何が起きるかは予測が難しいものです。

 
リスクの中でも最も恐ろしいのは、投資先の会社が倒産してしまうことです。この場合、所有している株券は紙くず同然になる可能性が高くなってしまいます。つまり、企業が安定した経営をしているところかどうかを判断する力が必要ということです。

 
情報を集めて注意していても、予期せぬことで企業が潰れることがあります。その場合は、なるべく早い段階で株を売りに出すのが賢明です。売りが殺到してしまうと、取引ができない状況に陥ってしまい、気づけば1株当たり1円といった株価になることもあります。

 
倒産には民事再生法の適用や解散などがあります。いずれの場合でも、いち早く株を手放すことが大事になってきます。

コメントは受け付けていません。